【Cocoon】投稿者名を非表示にする方法【セキュリティ対策】

「投稿者名を非表示にするには?」

「投稿者名は必要?」

「投稿者名があると個人情報が流出するってホント?」

この記事では、そんな方に向けて、Cocoonで投稿者名を非表示にする方法を解説します。

かめコンパス

こんにちは、かめコンパスです!

この記事を読めば、あなたも簡単に

  • 投稿者名を非表示する方法
  • 個人情報が流出するカラクリ

が理解できるようになります。

私もセキュリティ面は十分に気をつけていて、本記事の方法で解決できました。

どこよりも分かりやすく書いている自信がありますので、ぜひ最後まで読んでマスターしてください!

また以下の記事では、Cocoonの使い方や設定方法をブログ運営歴・公開した記事数別でまとめて紹介しています。

目次

Cocoon投稿者名を非表示にする方法

投稿者名は、投稿・固定ページの下部に表示されます。

投稿者名が表示される場所

Cocoonで投稿者名を非表示にする方法は、下記の通りです。

STEP

WardPress管理画面で、Cocoon設定本文の順にクリックする

「Cocoon設定」、「本文」がある場所
STEP

投稿情報表示設定にある「投稿者名の表示」の✔を外す

「投稿者名の表示」がある場所
STEP

変更をまとめて保存をクリックする

「変更をまとめて保存」がある場所

Cocoonで投稿者名を非表示にできた!

Cocoon投稿者名を非表示にしないと個人情報が流出する!?

Cocoonで投稿者名を非表示にしないと個人情報が流出する可能性があります。

なぜなら、投稿者名をクリックしたページ先のURLに、個人情報であるWordPressのログインIDも表示されるからです。

投稿者名をクリックしたページ先のURLに、個人情報であるWordPressのログインIDも表示されている様子

表示されるURL

ブログURL/author/WordPressログインID

WordPressのログインIDが誰でも見れるようになると、

  • 個人情報が流出する
  • 不正ログインされる
  • ブログが攻撃されやすくなる

といった良くないことが起こります。

ですので、個人情報であるWordPressのログインIDが表示されないよう、投稿者名を非表示にしましょう。

かめコンパス

ネットに不慣れな人は気づかないよね

プロフィールページの作成でも個人情報の流出を防止できる

Cocoonでプロフィールページを作っている人は、投稿者名のリンクをプロフィールページのURLに指定することで個人情報の流出を回避できます。

下記は、投稿者名のリンクをプロフィールページのURLに設定する方法です。

STEP

WordPress管理画面で、ユーザープロフィールの順にクリックする

「ユーザー」、「プロフィール」がある場所
STEP
  1. 「プロフィールページURL」に作成してあるプロフィールページのURLを入力
  2. プロフィールを更新をクリックする
「プロフィールページURL」、「プロフィールを更新」がある場所

投稿者名のリンクをプロフィールページのURLに設定完了!

かめコンパス

プロフィールページをまだ作っていない人は必ず作ろうね

Cocoonでプロフィールを作る方法は、下の記事を参考にしてください。

まとめ:投稿者名の非表示はお早めに

今回は、Cocoonで投稿者名を非表示にする方法を紹介しました。

当ブログでは、Cocoonに関する記事をいくつか書いてます。

下のカテゴリーページにまとめていますので、のぞいてみてください。

かめコンパス

ためになったという人は“コメント”してくれると嬉しいです!

Cocoonで投稿者名を非表示にする方法の記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次