【Canva】グリット線(ガイド線・分割線)の出し方4選|写真や画像をおしゃれにデザイン!

「グリッド線って何?」

「グリッド線はどうやって出すの?」

「ページを2,3,4分割して画像を配置したい」

この記事では、そんな方に向けて、Canvaでグリッド線(ガイド線・分割線)の出し方と使い方をお話しします。

かめコンパス

こんにちは、かめコンパスです!

こんな人におすすめ!
  • WordPressなどでブログを書いている
  • グリッド線の出し方/使い方を知りたい
  • ページを2,3,4分割する方法を知りたい

どこよりも分かりやすく書いている自信がありますので、ぜひ最後まで読んでください!

さっそく本題に入りましょう。

目次

グリッド線(ガイド線・分割線)とは?

グリッド線(ガイド線・分割線)とは、写真や画像をある一定のサイズで特定の場所に配置するために、あらかじめ作っておく格子状の線のことです。

例えば、ページを上下左右に4分割し、左上に当ブログのアイコン画像を配置したい場合、

グリッド線を使い、当ブログのアイコン画像を左上①に配置すると、

このようにグリッド線を使えば、写真や画像のサイズがばらばらにならず、指定した枠内で写真や画像を配置することができます。

今回は上下左右の4分割を例に紹介しましたが、他にも左右の2分割、上下3分割など、分割方法は自由にカスタマイズできます。

グリッド線(ガイド線・分割線)の出し方

Canvaでグリッド線の出し方は、下記4つあります。

それぞれ詳しく解説します。

定規を使う

グリッド線の出し方4つの中で、自分の好きなようにページを分割したい場合におすすめです。

STEP

Canvaデザイン編集画面左上のファイルをクリックする

「ファイル」がある場所
STEP

ページ表示を設定にカーソルを合わせ、定規とガイドを表示をクリックする

「ページ表示を設定」、「定規とガイドを表示」がある場所
STEP

定規が表示される

定規が表示された様子
STEP

グリッド線をページにスライドさせる

グリッド線をスライドしている様子
STEP

これでグリッド線の出来上がり!

グリッド線が表示された様子

定規で作ったグリッド線の使い方は、後ほど紹介します。

テンプレートを使う

グリッド線の出し方4つの中で、ページをどう分割すればいいか分からない初心者におすすめです。

STEP

Canvaデザイン編集画面左側にあるサイドパネルの素材をクリックする

「素材」がある場所
STEP

検索窓に「グリッド」と入力する

検索窓にグリッドと入力する様子
STEP

検索結果にグリッド一覧が表示される

グリッド一覧が表示された様子
STEP

使いたいグリッドを選ぶ

使いたいグリッドをクリックしている様子
STEP

これでグリッド線の出来上がり!

グリッドが表示された様子

テンプレートで作ったグリッド線の使い方は、後ほど紹介します。

グラフィックを使う

STEP

Canvaデザイン編集画面左側にあるサイドパネルの素材をクリックする

「素材」がある場所
STEP

検索窓に「グリッド」と入力する

検索窓にグリッドと入力する様子
STEP

検索結果にグラフィック一覧が表示される

グラフィック一覧がある場所
STEP

使いたいグラフィックを選ぶ

使いたいグラフィックをクリックしている様子
STEP

これでグリッド線の出来上がり!

グリッド線が表示された様子

グラフィックで作ったグリッド線の使い方は、後ほど紹介します。

複数のを使う

STEP

Canvaデザイン編集画面左側にあるサイドパネルの素材をクリックする

「素材」がある場所
STEP

検索窓に「線」と入力する

検索窓に「線」と入力している様子
STEP

検索結果に図形一覧が表示される

図形一覧がある場所
STEP

使いたい線を選ぶ

使いたい線をクリックしている様子
STEP

線がページに表示される

線がページに表示された様子
STEP

選んだ線を複製して格子状に配置する

選んだ線を複製して格子状に配置している様子
STEP

これでグリッド線の出来上がり!

グリッド線の出来上がった様子

複数の線で作ったグリッド線の使い方は、後ほど紹介します。

グリッド線(ガイド線・分割線)の使い方

先ほど紹介したCanvaでグリッド線(ガイド線・分割線)の出し方で作った4つのグリッド線

を用いた使い方をそれぞれ解説します。

定規を用いた使い方

定規を用いたグリッド線の使い方は、下記の通りです。

STEP

ページにグリッド線を配置する

ページをグリッド線で分割している様子

グリッド線は、自分の好きなように何本でも配置できます。

STEP

ページに画像を挿入し、グリッド内に収まるよう画像のサイズと配置を変更する

画像をグリッド内に配置している様子

画像の挿入方法が分からない方は、下の記事を参考にしてください。

STEP

これで画像が整列できた!

グリッド内に画像を配置した様子

テンプレートを用いた使い方

テンプレートを用いたグリッド線の使い方は、下記の通りです。

STEP

ページに使いたいグリッドを挿入する

グリッドを挿入した様子
STEP

ページに画像を挿入し、グリッド内に画像をドラッグする

画像をグリッド内にドラッグしている様子
STEP

これで画像が整列できた!

グリッド内に画像を配置した様子

グリッド枠と画像の縦横比率が異なる場合、画像が切れた状態でグリット内に当てはまってしまいます。

画像が切れてしまう場合は、前もって画像をグリッド枠の縦横比率にサイズ変更しましょう。

画像のサイズ変更方法は、下の記事を参考にしてください。

また、テンプレートを用いたグリッド線では、画像の挿入だけではなく、下記2つの機能も備えています。

  • グリッド内のカラー変更
  • グリッド線の間隔調整

それぞれ詳しく解説します。

グリッド内のカラー変更

STEP

カラー変更したいグリッドを選択し、メニューバーにあるカラーをクリックする

「カラー」がある場所
STEP

表示されたカラーから好きな色を選ぶ

好きな色をクリックしている様子

別の素材の色を使いたいが、その色がない場合はスポイト/カラーピッカーを用いると解決します。

スポイト/カラーピッカーで別の素材の色を抽出する方法は、下の記事を参考にしてください。

STEP

これで選んだグリッド内のみ、カラー変更できた!

選択したグリッド内のカラーが変化した様子

グリッド線の間隔調整

STEP

任意のグリッドを選択し、メニューバーにある間隔をクリックする

「間隔」がある場所
STEP

グリッドの間隔を調整する

グリッドの間隔を調整する場所

グリッドの間隔は0~100で調整可能。
グリッドの間隔の数字が大きくなる度に間隔が広くなります。

STEP

これでグリッドの間隔を調整できました!

グリッドの間隔が広がった様子

グラフィックを用いた使い方

グラフィックを用いたグリッド線の使い方は、下記の通りです。

STEP

ページに使いたいグラフィックデザインを挿入する

グラフィックデザインを挿入した様子
STEP

ページに画像を挿入し、グリッド内に収まるよう画像のサイズと配置を変更する

ページに画像を挿入し、画像のサイズと配置を変更している様子
STEP

これで画像が整列できた!

グリッド内に画像を配置した様子

画像をダウンロードする場合は、前もって挿入したグラフィックデザインを削除しましょう

複数のを用いた使い方

複数の線を用いたグリッド線の使い方は、下記の通りです。

STEP

ページに複数の線を格子状に配置する

線を格子状に配置した様子
STEP

ページに画像を挿入し、グリッド内に収まるよう画像のサイズと配置を変更する

ページに画像を挿入し、画像のサイズと配置を変更している様子
STEP

これで画像が整列できた!

グリッド内に画像を配置した様子

画像をダウンロードする場合は、前もって挿入した線を削除しましょう。

まとめ

今回は、Canvaでグリッド線(ガイド線・分割線)の出し方と使い方を紹介しました。

サイズが異なる写真や画像をバランス良くきれいに並べるのは難しいですよね。

Canvaには、グリッド線のテンプレートが数えきれないほど用意されているので、是非使い慣れたいです。

かめコンパス

ためになったという人は“コメント”してくれると嬉しいです!

グリッド線(ガイド線・分割線)の出し方や使い方の記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次