【Canva】画像に入れる文字を見やすくする方法4選|知らなきゃ損!

「画像に文字を入れると、文字が見づらくなる」

画像の邪魔をせず、文字を見やすくするには?」

「画像に入れる文字の色を変えずに見やすくできる?」

Canvaでデザインを作成しているとき、文字を入れることもあると思います。

文字を入れたとき、後ろの画像の色合いによっては文字が見づらくなる、という経験をしたことがあるのではないでしょうか?

Canvaでは、無料で使えるツールがいろいろあり、使い方次第で画像に入れる文字を見やすくすることができます。

この記事では、Canvaで画像に入れる文字を見やすくする方法をお話しします。

かめコンパス

こんにちは、かめコンパスです!

こんな人におすすめ!
  • WordPressなどでブログを書いている
  • 画像に入れる文字見やすくしたい

画像に文字を入れる方法が分からない方は、まず下の記事を参考にしてください。

どこよりも分かりやすく書いている自信がありますので、ぜひ最後まで読んでください!

さっそく本題に入りましょう。

目次

画像に入れる文字を見やすくする方法

Canvaで画像に入れる文字を見やすくする方法を4つ紹介します。

それぞれ詳しく解説します。

透明な単色の画像をはさむ

透明な単色の画像を

  • はさんでいない場合
  • はさんでいる場合

で、画像に入れる文字の見やすさを比較します。

画像と文字の間に透明な単色の画像を挟んでいない場合の文字の見え方
透明な単色の画像をはさんでいない
画像と文字の間に透明な単色の画像を挟んだ場合の文字の見え方
透明な単色の画像をはさんでいる

画像と文字の間に透明な単色の画像をはさんだ方が、文字は見やすくなります!

では実際に、透明な単色の画像の

  • 作り方
  • 使い方

を紹介します。

透明な単色の画像の作り方

Canvaで透明な単色の画像の作り方は、下記の通りです。

STEP

素材をクリックし、検索窓に「長方形」と入力して検索する

「素材」がある場所と、検索窓に「長方形」と入力した様子
STEP

検索結果に出た図形をクリック、またはドラッグ&ドロップする

図形をクリック、またはドラッグ&ドロップしている様子
STEP

ツールバーにあるカラーをクリックし、色を変える

「カラー」がある場所

今回は黒色に変えます。

STEP

ツールバーにある透明度をクリックし、透明度を変える

「透明度」がある場所

今回は透明度50%にします。

STEP

これで透明な単色の画像の出来上がり!

透明な単色の画像ができた様子

透明な単色の画像の使い方

Canvaで透明な単色の画像の使い方は、下記の通りです。

STEP

透明な単色の画像を文字の上に移動させる

透明な単色の画像を文字の上に移動させている様子
STEP

透明な単色の画像のサイズを調整する

透明な単色の画像のサイズを調整している様子
STEP

ツールバーにある配置をクリックし、配置内にある背面へをクリックする

「配置」、「背面へ」がある場所
STEP

これで文字を見やすくできた!

文字を見やすくできた様子
かめコンパス

まだ文字が見づらい場合は、透明な単色の画像の「透明度」と「色」を変えてね!

文字のスタイルを変える

文字のスタイルを

  • 変更しない場合
  • 変更した場合

で、画像に入れる文字の見やすさを比較します。

画像に入れたスタイル変更なしの文字の見え方
文字のスタイル変更なし
画像に入れた袋文字の見え方
文字のスタイル変更あり

文字のスタイルを変更した方が、文字は見やすくなります!

かめコンパス

文字のスタイルは袋文字にしているよ!

文字のスタイルを変更する方法

Canvaで文字のスタイルを変更する方法は、下記の通りです。

STEP

ツールバーにあるエフェクトをクリックし、スタイル内から変更したいスタイルを選ぶ

「エフェクト」がある場所と、スタイルを変更している様子

スタイルは全9種類あります。

  • 影付き
  • 浮き出し
  • 中抜き
  • スプライス
  • 袋文字
  • エコー
  • グリッチ加工
  • ネオン
  • 背景
STEP

これで文字のスタイルが変更された!

文字のスタイルが変更された様子

対照的な色の文字を使う

文字の色が

  • 類似的な場合
  • 対照的な場合

で、画像に入れる文字の見やすさを比較します。

画像に入れた白字の見え方
文字の色が類似的
画像に入れた黒字の見え方
文字の色が対照的

背景色と対照的な色味の方が、文字は見やすくなります!

文字の色を変更する方法

Canvaで、文字の色を変更する方法は、下記の通りです。

STEP

ツールバーにあるカラーをクリックし、表示された項目から変更したい色を選ぶ

「カラー」がある場所と、変更したい色を選んでいる様子
STEP

これで文字の色を変更できた!

文字の色を変更できた様子

変更したい色がなかった場合は、スポイト/カラーピッカーを使えば、素材の色を自由に変更できます。

文字のサイズを大きくする

文字のサイズが

  • 小さい場合
  • 大きい場合

で、画像に入れる文字の見やすさを比較します。

画像に入れたサイズ36フォントの文字の見え方
文字のサイズが小さい
画像に入れたサイズ72フォントの文字の見え方
文字のサイズが大きい

文字のサイズを大きくした方が、文字は見やすくなります!

文字のサイズを変更する方法

Canvaで文字のサイズを変更する方法は、下記の通りです。

STEP

ツールバーにあるフォントサイズで変更したいサイズに調整する

「フォントサイズ」がある場所

文字のサイズは1~800の間で選べます。

STEP

これで文字のサイズを変更できた!

文字のサイズを変更できた様子

画像に入れる文字が見づらくなる原因

Canvaで作るデザインや画像上の文字が見づらくなる原因は、画像と文字の色味が近いからです。

下の画像を例に、画像と文字の色味を比較してみます。

画像に書かれた黒文字の見え方

①がもっとも見えづらいです。

なぜなら、暗めの背景色が黒字と同じような色味だからです。

暗めの背景色に書かれている①に対し、

②~③は明るめの背景色に書かれており、対照的な色味なので見やすいです。

では、文字を白色するとどうでしょう。

画像に書かれた白文字の見え方

②~③の文字が見えづらくなりました。

今度は、②~③が明るめの背景色に書かれているので見づらくなり、

①が暗めの背景色に書かれているので見やすくなりました。

以上より、画像と文字の色味近ければ、文字が見えづらくなります。

まとめ

今回は、Canvaで画像に入れる文字を見やすくする方法を紹介しました。

画像に入れる文字が見づらいと、ブログへ来てくれたユーザーに利便性が悪いと思われてしまいます。

ユーザーが快適にブログを読めるよう、小さなところから少しずつ改善していきたいですね。

かめコンパス

ためになったという人は“コメント”してくれると嬉しいです!

Canvaで画像に入れる文字を見やすくする方法の記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次